About Our Firm

 
Ÿ   北京弘権知的財産権代理事務所(以下Chinable IPという)は、2009年9月に創立され、国内外の顧客に、質の高い特許代理と商標代理、更に知的財産分野を含む総合的な知財サービスをご提供することを目的とする新鋭な知財のプロ集団です。

 

Ÿ   Chinable IPには、長年特許業務に従事してきたベテラン弁理士・弁護士、商標代理人、及び博士学位・修士学位を有する特許技術者等を含む200数名の専門スタッフが在籍しております。その専門分野は機械、電子、物理、電気、材料、事務品、化学、通信等多岐に渡っております。

 

Ÿ   Chinable IPは、創立以来、その業務規模を迅速に拡大させてきました。北京運琪法律事務所をはじめ、江蘇省の南京市、山東省の済南市、青島市、遼寧省の瀋陽市、湖南省長沙市、陝西省西安市、寧夏銀川市などに十二のブランチを設立しました。Chinable IPの業務は国内外の特許・商標出願、著作権登録、不当競争防止、技術移転、商業秘密保護、コンピュータソフトウェア及びドメイン登録、知財侵害調査及び訴訟、さらに関連法律文献の翻訳等の分野におよんでいます。また、総合的実力を日増しに高めることにより、クライアントのためにオールラウンドな知財サービスを提供することができるようになりました。

 

Ÿ   Chinable IPの弁理士及び弁護士は、職業道徳を厳守し、業務執行規範を遵守しております。案件の大小にかかわらず、あらゆる手段を講じて自らの専門知識と経験を活かし、広範なクライアントのために高品質かつ効果的な知財サービスを誠心誠意に提供し、当事者の適法な権益を維持保護すると同時に、高度に専門化された知財サービスを提供することにより、理性と秩序による社会運営を促進しています。

 

Ÿ   日本との業務に関しては、特許、商標等の知的財産において、日本の特許事務所と戦略的な業務提携をし、顧客の知財のグローバルな視野を見据えた適切な権利取得と、その万全な保護のためにお役に立つ事務所として努めて参ります。
 
Ÿ   弘権事務所は訴訟業務をより一層強化させるため、北京京翰法律事務所と業務合併を行いました。これからもお客様に信頼される事務所を目指して高品質なサービスを提供していく所存です。
 

Practical Area

特許

電気、自動制御、電子、通信、医薬、ハイポリマー、生物、化学工業、機械、コンピュータ、環境保護、アパレル、生活器具及び建築構造等の技術分野を含む発明、実用新案及び意匠権の出願を代理しています。また、再調査及び無効宣言に係る事項、特許紛争、コン

商標

商標登録の出願を代理し、登録商標の更新、譲渡、許可及び変更に係る事項の手続をし、商標の再審査、異議及び抹消並びに行政訴訟を代理し、商標権侵害訴訟、行政処分並びに商務調査及び偽造品取締りを取り扱い、商標に係る税関への届出を手続し、商標に関係す

著作権

版権及びコンピュータソフトウェア登記を取り扱い、音楽著作権の集団保護に係る事項を代理し、版権許可又は譲渡契約に係る交渉及び締結、版権侵害訴訟並びに版権に係る税関への届出を代理しています。

訴訟

不正競争防止及び商業秘密保護に関係する法律コンサルティングサービスを提供し、委託を受けて権利侵害訴訟の提起及び行政処分に関 連する法律事務を代理しています。